【TGS2017】エミリーに神風吹かず!? 衝撃の『ぎゃる☆がん2』スペシャルイベントをレポート!
千葉・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2017」で行われたPS4/Nintendo Switch用シューティング『ぎゃる☆がん2』のステージイベント。その衝撃の内容を記事でまとめてお届けしましょう!
01
■そもそも『ぎゃる☆がん』とはどんなゲームなのか!?

『ぎゃる☆がん2』は、人気シューティングゲームシリーズの最新作。シリーズ処女作の『ぎゃる☆がん』は2011年に発売されたタイトルで、迫りくる美少女を「フェロモンショット」で撃ちぬいてメロメロにするという前代未聞の内容(通称「眼シューティング」)が、大きな話題を呼んだ。

以降は『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』や『ぎゃる☆がん VR』をリリース。海外にも進出し、累計20万本を誇る人気シリーズに成長している。TGS2017開催直前に発表された『ぎゃる☆がん2』は、天使“りーす”に悪魔退治の手伝いを頼まれるところから物語がスタート。隣の家に住む引きこもりの少女“ちる”、教室で隣の席に座る幼馴染の“なな子”という、ふたりのヒロインが新たに登場し、注目を集めている。
02
03
……ということで、以前シシララTVの生放送にも出演された“エミリー”こと上間江望さんが本ステージに出演されることもあり、ライターのカワチが突撃取材をしてきました!

じつは本作の名物広報である中川滋氏より、事前に「前代未聞のイベントになるので絶対に遊びに来てください!」という、熱いメールをいただいていたボク。そこまで言うなら奇跡の瞬間を見届けようじゃないかと、開始10分前にインティ・クリエイツのブースに向かったわけですが……。なぜかそこには笑顔の消えた中川氏の姿が。

いきなり「申し訳ありません! 諸事情によってイベントの内容が大幅に変更になりました。今後のイベントも中止です」という告白を受けることになりました! た、たしかにコイツは前代未聞だッ!!
04
▲急きょ中止になったということが、マジでアリアリとわかる手書き文字の張り紙(苦笑)。
「え? 諸事情ってなんですか!? 詳しく説明してください」とお願いしてみるも、返ってくるのは「言えません……」、「ごめんなさい」、「風は止みました」という返答と虚ろな表情のみ。いったい、何があったのか!?

……まぁ、ぶっちゃけボクはその理由について察しがついていましたけどね。ほかの媒体さんで、この取材の前日に行われたメディアイベントの風景を見ているわけですし……。あんなことをしてしまった日には、そりゃそうなりますわな! と言った感じです(苦笑)。でも、その男気は買いたい!! きっと『ぎゃる☆がん2』を盛り上げようと思って、ちょっとだけ暴走してしまったのでしょう……。ちょっとだけね。
05
▲本来行われるはずだったイベントは、1日目で中止となった。
そんなわけで急きょ内容が変わったスペシャルイベント。たいへんなのはゲストの上間さんですが、そこはさすがのアドリブで場を盛り上げていきます。シシララTVの配信のときと同じく、無茶ぶりに応えてくれる上間さんはホントに頼りになりますね!
06
▲エミリーの愛称で親しまれる上間さん。シシララTVには『Emily Wants To Play』というゲームの実況でお呼びしました。エミリーが『Emily』を遊ぶ……。ってダジャレかよ!(タダツグ注:ダジャレだよ?)
イベントは、あやまんJAPANのサムギョプサル和田さんのMCによって進行。シリーズの歴史を振り返ったあと、いよいよ『ぎゃる☆がん2』の紹介へ。
07
▲MCはサムギョプサルの和田さん(あやまんJAPAN)。
08
▲走馬灯のようによみがえる(?)想い出の数々。そういえば『ぎゃる☆がん』がはじめてTGSに出展したときも、女の子に水鉄砲を当てるゲームを開催して、エロ……エラい人に怒られていたなぁ……。
『ぎゃる☆がん2』では、依頼をこなすことでゲームが進行することや悪魔を吸い込むガジェット“デビルスイーパー”が搭載されていることが公開されました。
09
▲“デビルスイーパー”は『ぎゃる☆がんVR』で初実装されたシステムです。
デビルスイーパーを使うと悪魔を吸い込むために風が起こり、その気流で偶然にも女の子のスカートをめくれてしまうとのこと。そう、偶然なのです。偶然なんだから仕方がない。
10
▲偶然なのです。……しつこい?
上間さん演じる神園しのぶが『ぎゃる☆がん2』に登場するという事実はいくぶんサラッと発表され、その上間さんが実際に本作をプレイすることに。「あれ? 下から風が吹くって聞いたんですけど?」という上間さんのアドリブに、スタッフは苦笑い。そう、大人の事情で風はなくなりました!
11
▲この日はなぜか“風になびきやすい服”をチョイスしてきていた上間さん……うーん残念!
プレイ中の上間さんはフェロモンショットを華麗に決めたりデビルスイーパーを楽しそうに吸い込んだりと、とにかく大はしゃぎ! そうだよ、風なんて吹かなくても『ぎゃる☆がん2』は楽しいんだ!!
12
▲撃ちそこなった女の子に近づかれて慌てる場面も。そこがかわいい。エミリーのすべてがかわいい。
また、過去のシリーズに登場していたモブキャラクターに気付いたり、プレイしながら神園しのぶの演技をしてくれたりと、たくさんの『ぎゃる☆がん』愛を見せてくれました。なんていい娘さんなんだろう。

ゲームのプレイが終わったあとは、予定を変更して上間さんとの「じゃんけん大会」に。勝者にはサイン入りのバルーンとビンタのプレゼントが贈られました。ちなみにドMの筆者もビンタ欲しさにじゃんけんに参加したわけですが、残念ながら敗北。だって上間さんが「わたしが出演した作品は『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』ですよ!」と言いながら、チョキではなくグーを出すんだもん……。
13
▲上間さんのビンタ、正直うらやましかったです。この感情、タダツグならわかってくれるだろうか?(タダツグ注:I Know)
こうして予定を大幅に変更したスペシャルイベントは大盛況のうちに終了。図らずも真面目な内容になったぶん、『ぎゃる☆がん2』の魅力がたっぷり伝わる内容となりました。これは怪我の功名というヤツでしょうか。

また、イベント終了後に中川氏と上間さんにお話を聞くことができたので、その模様もお届けします。
14
中川滋さん(以下、中川):今回はお騒がせして申し訳ありませんでしたー!

──まだなにも言っていません(苦笑)。

中川:わたくし、猛省しております。

──本当ですか? 毎回そんなこと言ってません? イベント中止の経緯をちゃんと説明してくださいよ。

中川:すみません。大人の事情でお話しできないんです。

──本当ですか? 確信犯じゃなくて!?

中川:いやいや、本当に……できるだけイベントのことには触れないでいただけると……。ごめんなさい。

──ヘコむぐらいなら最初からやらないでくださいよ!

中川:申し訳ない……。本当に申し訳ないです……。

──(ダメな大人だ……)では、イベントにも出演された上間さんにもお話をお聞きします。急きょ内容が変更になりましたが、感想はいかがでしたか?

上間江望さん(以下、上間):事前に聞いていた打ち合わせの内容と違って驚きましたが、『ぎゃる☆がん』はわたしにとってとくに思い入れの強いタイトルなので、精一杯がんばりました!

──上間さんが演じる神園しのぶが『ぎゃる☆がん2』に登場することも発表されましたね。

上間:ありがとうございます! じつは音声の収録はすでに終わっているのですが、ゲーム内で実際にどんな感じで動くのかわからないので、すごく楽しみにしています。

──イベントでは「清純派・ぎゃる☆がん声優の名にふさわしい、とても素晴らしい演技内容でした!」と紹介されていましたが……?

上間:褒められすぎてて逆に怪しかったです(笑)。でも、実際にしのぶちゃんは清純な女の子ですからね。『だぶるぴーす』では、見習い悪魔・くろなのイタズラによる影響で変な感じになっちゃいましたが、今回は違う一面も見られる……かも?

──それは楽しみです! それでは最後に発売を楽しみにしているユーザーさんにひとことお願いいします。

上間:本日ゲームを試遊させていただきましたが、これまでのシリーズのいいところを残したまま、新しい要素が入っていてとてもおもしろかったです。これまでシリーズを遊んでくれた人もこれからはじめる人も楽しめる作品になっていると思いました。男子の夢が叶うゲーム、『ぎゃる☆がん2』をぜひよろしくお願いします!

中川:よろしくお願いします!!

──あ、中川さんもいらっしゃったんですか。完全に気を消していましたね。

中川:お2人にあわせる顔がなかったもので……。でも、本当に最高のものをお届けするように頑張っておりますので、どうぞ『ぎゃる☆がん2』にご期待ください! よろしくお願いします!!

……さて、イベント後にはゲームを実際に試遊させてもらうこともできました。「足元から風が吹き上げる台」もしくは「回転し続ける台」に乗りながらプレイする形となっていて、ある意味でVRや4Dをも越えた臨場感を味わえました。こういう頭の悪い企画、嫌いじゃないです!
15
▲足元から風が吹く台。予想以上に強風でした。だから怒ら(以下略)。
16
▲回転する台は3方向に配置されたモニターを見てプレイする形。足踏みをして抗えば方向をキープできますが、疲れる!
体験版をプレイしたところ、基本のシステムは従来のシリーズを踏襲しながらも細かく変わっている部分も多くて驚きました。

これまでは主人公が自動で移動し、次々に現れる美少女たちに対処する形でしたが、本作では足を止めて向かい撃つ形になっていました。女の子がさまざまな角度から走ってくるので、側面や背後などにも注意しなければなりません。近づいて抱きつかれたり巨大な文字となって飛んでくる愛の告白を食らうとダメージを受けてしまうため気が抜けません。どこから女の子がやってくるのか……この緊張感がたまらない!
17
▲これがモテモテ男の見ている世界なのか……!
これまでのシリーズと同様にズームを使って身体の弱点や飛んでくる告白を狙うことができるほか、悪魔を吸い込む「デビルスイーパー」で女の子を足止めできるようになっているなどゲームの歯ごたえはバツグン! オバカな世界観でありながら、一方でシューティングゲームとしてのおもしろさも折り紙付きです。
18
『ぎゃる☆がん2』は今冬発売予定とのことなので、ぜひ期待して待ちましょう。もちろんシシララTVでも、この『ぎゃる☆がん』シリーズをプッシュしていきたいと考えておりますので、どうぞお楽しみに!
19
▲シシララTVは『ぎゃる☆がん2』と『ぎゃる☆がん』に関わってしまった悲劇の声優・上間江望さんのことを応援します!!


テキスト:カワチ(Makoto Kawachi) 1981年生まれ。ライター。ビジュアルノベルに目がないと公言するが、本当は肌色が多けれななんでもいい系のビンビン♂ライター。女性声優とセクシー女優が大好き。
ツイッターアカウント→カワチ@kawapi