任天堂、WiiウェアやVCを配信するWiiショッピングチャンネル終了を発表。アイディア光る作品群が生まれた場所
引用元:AUTOMATON - 2017/09/29 20:45   ニュース

任天堂は本日9月29日、「Wiiショッピングチャンネル」のサービスを終了すると発表した。まず2018年3月27日4時59分にてWiiポイントの追加が終了し、2019年1月31日14時59分より購入が終了するという。「Wiiチャンネル」や「Wiiウェア」、そして「バーチャルコンソール」を配信するオンラインサービスだ。

 

注目のコメント

Qp7khng5 bigger
- イラストレーター

Wiiのダウンロードソフトには、実際のところ、バラエティに富んだ良作が多かったと思う。バーチャルコンソールはWiiUに引き継がれたし、Switchでも任天堂タイトルの「アーケードアーカイブス」の提供が始まったことで、今後のバーチャルコンソール的なサービスの提供開始も期待されるところだが、Wiiで提供されていた「Wiiウェア」や「バーチャルコンソール・アーケード」は、結局Wiiのみでの提供となり、WiiUには登場しなかった。
割と良作揃いだったこれらのソフト群が、例えばSwitchで再び遊べるようにならないものだろうか。

最終的にWiiショッピングチャンネルでの購入が出来なくなるまでにはまだ1年余りの期間があるが、WiiUからもWiiモードを介してアクセスできるこのサービス。今一度ラインナップを確認して、ポイント加算の期限も考慮しながら、気になるタイトルは購入を検討しておくのも良いかもしれない。
あと、かつて利用していた人は、未使用ポイントが残っている可能性があるので、一度確認しておくことをオススメしたい。(かくいう私も、確認してポイントが少し残っていたことに気付きまして……笑)

2017/09/30 01:45 更新

その他のコメント

Ro6omhpy bigger

Wii Wareは当たりが多かった記憶があります。
「小さな王様と約束の国FFCC」「光と闇の姫君と世界征服の塔FFCC」「ロックマン9,10」「オーバーターン」「珍道中!!ポールの大冒険」「遊べる絵本 とびだスゴロク!」「グーの惑星」「BIT.TRIPシリーズ」「Art Styleシリーズ」「マッスル行進曲」「乱戦!ポケモンスクランブル」。
グーの惑星は他のプラットホームでもでていますが、Wii Ware版が一番操作に合っていたように思えます。是非オススメです。
好きなFFCCの貴重な外伝作品2つが他の媒体でアーカイブされてないのも悲しいです…
ポケモンスクランブルも3DS版のフルプライスのものとは違ったシステムで、熱中して遊びました。ポケモンスクランブルシリーズではWii Ware版が一番オススメです。
ゲームは性質上なくなるものですが、悲しいことですね。

2017/09/30 21:57 4676 更新

TOPに戻る

最新ニュース