「ナンジャタウン」に国内初となるMR技術を応用したアトラクションが導入。第1弾はリアル・パックマン・アトラクション「PAC IN TOWN」
引用元:4Gamer.net - 2018/02/06 16:21   OTHERS

 ナムコは本日,同社が運営するテーマパーク「ナンジャタウン」において,MR(複合現実)技術を応用したアトラクションを導入するMRプロジェクトを始動すると発表した。第1弾として,プレイヤーがパックマンになり,迷路に配置されたすべてのクッキーを食べてクリアを目指す「PAC IN TOWN」が導入されている。

 

注目のコメント

Lpp 8eit bigger
- イラストレーター

ナンジャタウンには、開園から間も無い頃に一度、友人たちと遊びに行ったことがあって、当時から、テーマパークの利を活かした、ゲームの世界に入っていくかのような感覚の、大がかりな新技術を利用したアトラクションが様々用意されていた。
今回の、OSを搭載した透過ゴーグル「Microsoft HoloLens」を利用したホログラフィックによるMR(ミクスド・リアリティ:複合現実)アトラクションも、そういった延長線上にあるんだろう。
「MR」というと、“ARとVRのイイとこ取り+α”というようなイメージがあるが、それで遊べるパックマンは、オリジナルのパックマンとは全く異なる感動が得られそう。
うーん、体験してみたい!

2018/02/07 12:32 更新

その他のコメント


TOPに戻る

最新ニュース