ビッグウェーブに電撃に!? Nintendo Switch用ソフト『バトルスポーツ めく~る』は対戦がアツい!!【連載第3回】
シシララTVのタダツグです。5月18日にNintendo Switchの期待の新作タイトル『バトルスポーツ めく~る』が配信されました! みなさんはもうプレイされましたか?
01
『バトルスポーツ めく~る(以下、めく~る)』は最大4人で対戦できるパーティゲーム。ダウンロード専用となり、価格はお値打ちものの980円(税別)! 体験会で遊んだ感触としては、すでにゲームの仕様はバッチリ固まっていました。コンセプトは“一家に一本!”とのことで、友達や家族みんなと盛り上がれる内容になっています。

その魅力をお伝えしていく連載企画。第3回目となる今回は、「かちのこ~る」の詳細とステージギミックについての情報をお届け!!
■バトルスポーツ めく〜る 発売開始(動画)
ゲームの操作方法や基本ルールは過去2回の記事にてご確認いただくとして、今回は、最後まで生き残ったプレイヤーが勝者となる「かちのこ~る」についてご説明しましょう。
■かちのこ~る:時には協力も重要!? 生き残った者勝ちのバトルロイヤル
今回紹介する「かちのこ~る」は、各プレイヤーが3つのライフを持ってバトルし、最後まで生き残ったプレイヤーが勝者となるルール(※ライフの数やプレイ時間は変更可能)。相手をジャンプアウトするとライフを1つ減らすことが可能で、ライフが0になると復活できなくなります。いわゆる、バトルロイヤル的な戦いになるわけですね。
02
当然ながら、自分以外はすべて敵となるルールなわけですが、抜きんでてライフが余っているプレイヤーがいる場合は、周りのプレイヤーと協力してそのプレイヤーを狙うといった戦略も重要。いかにして相手を出し抜き、最後までフィールドに生き残れるかという、手に汗握るバトルが楽しめます。
03
逃げ回って相手の自滅を待つのもテクニックの1つですが、あまりにも逃げに徹してしまうと逆に他のプレイヤーから狙われる的となるのがキモ。かといって、猪突猛進に攻撃を仕掛けるのも蛮勇ということで、押し引きの読み合いが大事になってくるルールですね。

ちなみに、現在配信されているエリアはグリーンフィールドとブルーアリーナの2種類。各エリアで広さやギミックが異なる複数のステージを選べました。エリアは今後、追加配信の予定もあるとのことなので期待大です!
04
とくに注目となるのは、ブルーアリーナで発生する波! まさにビッグウェーブ!! プレイヤーはこの波に飲み込まれると、一定時間行動不可になってしまうので、波が来たらすばやくジャンプして回避する必要があります。このランダム要素をうまく利用できれば、戦いはより有利になるわけですね。波が来る瞬間、コントローラーがぶるぶると振動するのでジャンプの目安にしたいところ。
05
また、ステージにあるボタンに衝撃波を当てるとギミック周辺のパネルが一気にめくれる“電撃”や、より遠くのパネルまで一気にめくれる“ビームキャノン”も存在。これらをうまく使いこなせれば、一瞬での大逆転も可能となっていました。こういったギミックが存在するステージでは、いかにギミックがある中央の戦線を制することができるかが重要。ぜひ覚えておきましょう!
06
ということで、全3回にわけて『めく~る』の魅力をお届けしてきましたが、みなさんいかがでしたか? 本作は2017年5月20日(土)と21日(日)に京都・みやこめっせで開催される「A 5th OF BitSummit」へ任天堂ブースでの出展が決定済み。21日には会場内で「バトルスポーツ めく~る トーナメント」と銘打ったゲーム大会も実施されます。優勝賞品にはNintendo Switch本体が準備されているとのことなので、興味がある方は参加してみてはいかがでしょう? 大会への参加方法はBitSummitの発表をご確認ください。

BitSummit 公式サイト

また、シシララTVの「つくった人がゲーム実況」でも、本作をさっそく取り扱わせてもらえることになっております。みなさん、5月22日21時の放送をぜひお楽しみに!

「つくった人がゲーム実況」ニコニコ生放送 視聴ページはコチラ→『バトルスポーツ めく~る』
「つくった人がゲーム実況」Periscope 視聴ページはコチラ→『バトルスポーツ めく~る』


『バトルスポーツ めく~る』公式サイト
『バトルスポーツ めく~る』Twitter
『バトルスポーツ めく~る』facebook
『バトルスポーツ めく~る』Instagram

テキスト:タダツグ(Tadatsugu) シシララTV編集部、電撃編集部などで活動中のゲームライター/編集。生放送にも出演中。いつまでも少年の心を忘れないピーターパン症候群を自認するケツ合わせ系テキスト書き。好きなゲーム:『ニーア』シリーズ、『ヴァルキリープロファイル』シリーズ、『ペルソナ』シリーズ、『パズル&ドラゴン』など多数。

ツイッターアカウント→タダツグ@TDB_Matsu

(C)2017 OVER FENCE CO.,LTD.