「キャラとのシンクロ」がより強烈な個性につながる──『サイキックフォース』アオキヒロシ×石川勝久×安藤武博クリエイター鼎談【前編】
引用元: - 2017/05/29 20:19   sisilalatv

1996年に登場し、熱狂的なファンを集めた格闘ゲーム『サイキックフォース』。アニメのような美麗なキャラクター、悲劇的なストーリーなどにより、格闘ゲームなのに女性人気が高かったことも、当時としては非常に珍しいことでした。そんな『サイキックフォース』を作ったのが、当時タイトーのゲームディレクターだったアオキヒロシさんと、サウンドクリエイターの石川勝久さん。ゲームDJ安藤武博がお二人に、『サイキックフォース』というユニークなゲームが生まれた背景についてお聞きしていくこの鼎談。前編ではおもにアオキさんに、ゲームとしてこだわった部分についておうかがいしていきます。

 

注目のコメント

Hw0sezvm bigger
タダツグ プロ
- ゲームライター

『サイキックフォース』のアオキさん、石川さんと、ゲームDJの対談企画! 前編では、「アニメっぽさを追求した結果生まれた独自のゲーム性」についてアツく語っていただいております。ロゴがカタカナになっている理由とか、思わず頷いてしまいましたよ。必読です!

2017/05/29 20:24 更新
Sp7wiy68 bigger
- イラストレーター

サイキックフォースは、稼働当時にしてプレイする側としても、他とは違う、良い意味での異質さを感じていましたし、それが魅力でもありました。格闘ゲームであるという以前にストーリー性に引き込まれるような感覚もありました。
ちなみにもっぱらのウェンディ使いでしたよ(笑)

2017/05/29 20:44 更新
Xqvssxau bigger

『サイキックフォース』のクリエイター鼎談【前編】です!
ちなみに本記事の写真ですが、ウォンの時を止める技などは、タダツグさんの代わりにウマオが操作しました(笑)

2017/05/30 19:46 更新
Gvmqx87c bigger
- 株式会社シシララ/代表取締役/ゲームDJ/ゲームプロデューサー

昨年20週年を迎えたタイトーの格闘ゲーム『サイキックフォース』にゲームDJが迫るインタビュー前編。バリアガードがなぜレバー1回転なのか?名作の裏話は必読。

2017/05/31 15:51 更新

その他のコメント


TOPに戻る

最新ニュース