【THE スプラッターアクション】血しぶき一閃ッ!SIMPLE屈指のガチアクションを見よ!【『SIMPLE』シリーズに魂を売った男・ラー油の挑戦 vol.7】
ラー油です! 最近はゴールデンウィークにセールで山ほど購入したソフトをちょっとずつプレイ中。ド正統派横スクロールアクションシューティングのPS4『ケロブラスター』や、VR空間で2本の刀を振り回して果物を切るのが爽快なPSVR『Fruit Ninja VR』、MOVE2本を使って山を登るミニゲームが楽しすぎるPSVR『カーニバル ゲームズ VR』などがイイ感じ。この辺は俺がやってる『ラー油のDLゲーム受信基地』でも紹介するかも。
『SIMPLE』シリーズもよくセールをするのですが、セールはするのに新作がまったく出ないので、そろそろドバッと100本ほど新作を発表して、怠惰を貪る世間をアッと驚かせてもらいたい!

第4回目のコラムはコチラ→『THE ヘリコプター』
第5回目のコラムはコチラ→『THE 炎の格闘番長』
第6回目のコラムはコチラ→『THE 水泳』

というわけで、連載7回目にチャレンジするのはこちら。
  1
唸れチェーンソー二刀流! 裂かれた血肉が宙を舞う! 2004年にPS2で発売された『SIMPLE2000 THE スプラッターアクション』!

敵を倒しながら進んでいくベルトスクロールアクションゲームで、世界観の作り込みや、ゲームバランスを始めとする完成度の高さが素晴らしい作品になっています。
  2
舞台は悪の呪術師ジャゴッドによって支配されつつある国。ジャゴッドは動物や物に命を与える秘術を使って手下を増やしていた。主人公である「かかし」もその秘術によって命を得るが、ともに畑を守ってきた老夫婦がジャゴッドの手下に大怪我させられて激怒。絶対に許さねぇぞジャゴッド! 老夫婦の仇は俺が討つ! というストーリー。いや、老夫婦は死んでないんですけども。
  3
この登場キャラクターのセンスが実にイイ! 怖いけどちょっと可愛い、ちょっと可愛いけど怖いしめっちゃ血が出る。そんな雰囲気で満たされたゲームになっております。

開発はヴァンテアンシステムズ。『THE 原始人』『THE ネコ村の人々』『THE ゾンビvs救急車』と言った『SIMPLE』シリーズでも上位の快作を出す一方で、『THE カンフー』『THE 戦車』のようなゲームでこちらを殴ることもあるオチャメな会社。個人的にはタムソフトと並んで好きなゲームメーカーですね。『うるるんクエスト』『カヌチ』など乙女ゲー方面でも活躍。

どうもこの連載で取り上げるタイトルがイロモノに偏って来ている気がしてきたので、今回は『SIMPLE』シリーズ随一のガチアクションに挑む! チャレンジもガチで行くぜ!

難易度ハードで全7ステージをクリアしろ!

本作にはイージー・ノーマル・ハードの3つの難易度が存在し、ノーマルでもそこそこ苦戦するんですがハードでのクリアを目標とします。やってやるぜ!
  4
ゲームは最初に説明した通り敵を倒して横に進んでいく、アーケードライクなベルトスクロールアクションです。ステージ内には回復アイテムが入ったタルや木箱が置かれていたりもする王道な作り。

操作は方向スティックで移動、ボタンでパンチとジャンプ。LRボタン同時押しでガソリンゲージを消費してチェーンソーモードを発動。

チェーンソーモードは発動と同時に強力な回転アタックを繰り出すし、その後はゲージが切れるまで攻撃力の高いチェーンソーが使用可能。もう一度LRボタン同時押しでチェーンソーモードを解除できます。
  5
チェーンソーでまとめて敵を倒すと、このように血が飛び散る特殊演出が挟まって爽快!

このゲームは敵を倒してお金を貯めることでアイテムを買えるシステムになっているのですが、チェーンソーモードで敵を倒すと手に入るお金が2倍になります。体を真っ二つにするから2倍儲かるわけだな! そういうわけなのでチェーンソーの使いどころをしっかり見極めるのが大事。

また、パンチ攻撃3段目にかかしの体が光るので、タイミング良くボタンを押すことでジャストアタックが発動。周囲の敵を吹き飛ばすスピンアタックと、対空性能に優れたジェットアッパーの2種類が存在します。これをマスターすれば空を飛んでいる敵との戦いや、ボス戦などでグッと有利に。

このチェーンソーゲージの管理と、ここぞというところでジャストアタックを使いこなすテクが重要になるところが、ゲームを奥深くしていますね。
  6
ステージ1は農場。

個人的にはアーケード版『ダブルドラゴンII』をちょっと思い出す風景。ジャゴッドの手下であるバイキン軍団や、奪われたトラクターなどが相手。移動していると貯水タンクが倒れて来たりと凝った演出も。
  7
  8
ボスは巨大カラス「キングクロウ」! 

かかしとカラスという因縁の対決。仮面ライダーとクモ、ゾンビと救急車ぐらいに宿命の相手ですよ。スピンアタックをヒットさせれば怯むので、ザコ敵を巻き込みながら上手く攻撃を当てたい。
  9
チェーンソーでトドメを差すとバラバラに! 大半の敵が通常攻撃とチェーンソーでトドメ演出が違うのも本作の魅力的な所。
  10
ステージ2はストリート。

やっぱベルトスクロールアクションと言えばこういうステージって感じしますね。バイキンが徘徊する荒れ果てた街中を進んでいくステージで、バイキンが数人集まって話をしていたり、マンホールから飛び出してきたり、景色を眺めてるヤツがいたりと、ザコ敵の配置もなかなか細かな作り。
  11
このステージからショップが使えるようになるぞ! セクシーな店員さんがお出迎え。背景の小物が気になる。

買えるアイテムだとライフアップやガソリンゲージアップやガードも重要ですが、まず買うべきなのは2段ジャンプ。敵の攻撃やステージギミック回避にも役立つし、2段ジャンプを買うと使えるようになる落下頭突きがザコ戦で非常に有用。

あと、お金稼ぎを考えるとガソリンゲージも優先的に増やしておきたいし、1度死んでも復活可能な身代わり人形も買っておきたい。割と難易度高めなのでライフも欲しい。買うと△ボタンで攻撃を防げるようになるガードはボスで有効な場所が多い。つまり、全部買えるように頑張りましょう!(アドバイスになっていない)
  12
  13
ボスはキャンディーバーガー!

ハンバーガーショップがそのまま敵になったキャラでボイス付き。「いらっしゃいませ~」と喋ったらザコ敵召喚。「お水をどうぞ」なら水圧レーザー。「バーガーワンです」だったら爆弾ハンバーガーを投げて攻撃と。ボイスと攻撃が連動してる面白い構成。

直接攻撃してもダメージが与えられないので、爆弾ハンバーガーを殴り返してカウンターをキメないとダメ。スピンアタックだと爆弾ハンバーガーを弾きやすいのでオススメ。一口食べたら地獄行きのハンバーガー、よく味わって食べな!
  14
ダメージがある程度入ると顔が壊れて内部のメカが露出! コワイ! 声がすべてノイズになるため、ボイスで攻撃を読むことが出来なくなります。これはホラー演出とボス戦としての面白さを兼ね備えた見事な構成!
  15
ステージ3は工場ステージが舞台。

上からこちらを潰しに来るプレス機を誘導してスイッチを押したり、蒸気攻撃を避けながらベルトコンベアの上を進んだりと道中がかなりの手ごわさです。この辺から空中にいる敵が増えてくるので、ジェットアッパーをしっかりマスターしておきたい。

ボスの巨大歯車クレイジーギアはレーザーや突進攻撃が強烈。レーザーは動き回らずにその場でのジャンプのみで回避、壁からの蒸気攻撃が来たらクレイジーギアに密着して攻撃などがコツです。
  16
クレイジーギアをチェーンソーで倒した時の「金属を切断した」感があふれる表現が見事!
  17
社会の歯車を倒した次はキノコと戦う森林ステージ。

最近『スーパーマリオ64』をクリアしたばかりの俺の敵じゃねぇな!

と言いたいけど結構難しい……! 広範囲にまき散らされるキノコの胞子に触るとダメージなのが難易度高い場所。キノコの真下が安全地帯なので覚えておきたい。
  18
ボスは音楽で攻撃してくる巨大キノコのシンフォニーマッシュ!

なんか見た目が卑猥だな……。攻撃を与える度に体の触手が少しずつちぎれて、攻撃パターンも変化していくボスです。ヒット&アウェイの繰り返しで堅実にダメージを与えるのが吉。音符攻撃は2段ジャンプで避けよう!
  19
ステージ5はウエスタンな雰囲気の電車ステージ。牛の看板からスタートです。

「牛の出るゲームは良いゲーム」ということわざがあるので、やはりこのゲームも良いゲームだった!
  20
コンテナ車両から飛び出すザコ敵の群れに、踏むとダメージのガラス片など地味に嫌な仕掛けがかかしを襲う! コンテナから飛び出すザコ敵は、飛び出したところをチェーンソーのスピンアタックで一層するバイオレンス出待ちが楽です。
  21
ボスのゴーゴートレインは顔の付いた電車。トーマス! なんて変わり果てた姿に!
  22
こいつは首を伸ばして攻撃してくるぞ。キモいけど質感が凄い! この時に画面手前に移動して、首を横から攻撃しまくると安全に大ダメージを与えられます。ここがお前の死に場所だ!
  23
ステージ6は氷で覆われた湖ステージ。ツルツル滑る難所。

いやあ、アクションゲームの後半らしくなってきましたね! 途中で謎の潜水艦も登場。よく分からないけどなんかカッコいいので気分が盛り上がる。

ここは氷の穴から次々に魚が出現して高速体当たりしてくるのが難しい。ガードを買っていれば1発1発防御して安全に進めます。なければ2段ジャンプ。
  24
  25
最後に待ち受けるのはボスのエンドレスムーン!

この邪悪すぎる表情がたまらないナイスボス。顔の横にタコの宇宙人がくっ付いてるのが可愛くていいですね。

攻撃パターンが鼻息、津波、隕石にと、明らかにこれまでのボスとは規模が違う強敵! 顔の横によると大半の攻撃が当たらないので、津波に注意しながら攻撃しまくろう。

しかしジャゴッド、月にまで命を与えたのか!? 太陽は敵に回ってなくて良かった。そうなったら星のカービィ辺りに頼まないと危なかった。
  26
ステージ7はいよいよジャゴッドの根城! クライマックスだぜ!

特別なギミックはなく、強力なザコ敵が次々に襲い掛かってくる小細工なしのラストステージ。
  27
最後についに登場、悪の呪術師ジャゴッド!

酒の入った盃を持ちながら玉座に座って主人公を待つ、「悪のボス」のお約束を踏まえたスタイルが大好き。

2月2日ッ! 老夫婦を大怪我させたのは貴様かーーーーッ!
  28
ジャゴッドはこれまで戦ってきたボスの技を使って攻撃してくる最後にふさわしい強敵。攻撃を当てると動きが止まるので、ジェットアッパーを着実に出してダメージを与えていきましょう。接近攻撃はガードで対処。
  29
倒すとお約束の第二形態! ジャンプ攻撃以外は当たり辛いので、チェーンソーを温存しておいて一気に使うか、やはりヒット&アウェイでジェットアッパーを当てるかして撃退!
  30
第二形態を倒せば本当に終わり。しかし、元々「かかし」はジャゴッドから命を与えられた存在。 ジャゴッドを倒してしまえばその後は……? この後はキミ自信の目で確かめてもらいたい!

ちなみに難易度をノーマル以上にして、2周目を遊ぶことで真のエンディングが見れる仕掛けです。
  31
というわけで『THE スプラッターアクション』のチャレンジもクリア! 久々にやったんですがかなり苦戦しましたわ! 難易度ノーマルでも結構厳しいのに難易度ハードは辛かった!

とはいえ、キャラや背景の動きなどの作り込みとセンスは、当時の『SIMPLE2000』シリーズでも屈指のクオリティ。古き良きベルトスクロールアクションを思わせるゲームバランスも手ごたえあり。ギターバリバリのBGMもイカしてるし、今遊んでも実に面白い作品です。
  32
今回チャレンジした本編とは別に、オマケのサバイバルモードも存在します。敵をひたすら倒し、たまに出現する僅かな回復アイテムだけでどこまで行くかを競う内容。ちゃんとここだけの専用背景なのが凄い。一定以上スコアを伸ばすと、最初から全アイテムを持ったまま本編を始めたり、チェーンソーを無制限に使えるように出来るチート機能が解禁されるので頑張ってみよう!
  33
ちなみに本作の主人公である「かかし」はその後も様々な作品に出演。『THE ゾンビVS救急車』『THE 原始人』『THE ネコ村の人々』『THE 任侠』などでチョイ役として顔を出し、『SIMPLE』シリーズのオールスターが集結した全宇宙感涙の究極のお祭りゲーム『THE ALL☆STAR格闘祭』ではプレイアブル参戦! 地球防衛軍に勧誘されたけど、地球を守るより畑を守ることが大事と断ったり、双葉理保に畑を荒らされたりしてました。

また新作で「かかし」に会いたいなぁ……。インディーズゲームなどで様々なベルトスクロールアクションが出るようになった今だからこそ、またこういう『SIMPLE』シリーズを出して貰いたいですね。

というわけで今回のコラムは以上。次回も期待しててくれよな!


テキスト:ラー油(daikai6) 死力を尽くして『SIMPLE』シリーズを応援するブログを運営し実況もするゲームブロガー。『SIMPLE』シリーズだけでなく低価格でイカしたゲーム全般を追跡中。ニンテンドースイッチで『SIMPLE』シリーズが出るのか気になる今日この頃。

ラー油 運営ブログ 『絶対SIMPLE主義』
ツイッターアカウント→ラー油@daikai6

第1回目のコラムはコチラ→『THE スナイパー』
第2回目のコラムはコチラ→『THE 逃亡プリズナー』
第3回目のコラムはコチラ→『ラブ★ピンポン』
第4回目のコラムはコチラ→『THE ヘリコプター』
第5回目のコラムはコチラ→『THE 炎の格闘番長』
第6回目のコラムはコチラ→『THE 水泳』