【ラブ★スマッシュ!5.1】愛を打ち込め! これが「SIMPLEシリーズ」最高のテニスゲームだぜ!【「SIMPLEシリーズ」に魂を売った男・ラー油の挑戦 vol.22】
ゲームブロガーのラー油です! Nintendo Switchで『マリオテニス エース』がいよいよ登場しましたね! 体験版がおもしろかったので自分も買ってデイジー姫で戦うつもりですが、我らの「SIMPLEシリーズ」にも数多くのテニスゲームが出ているのを忘れて貰っちゃ困る! 天が忘れてもこの俺が覚えているぞ!
第19回目のコラムはコチラ→【THE カスタム戦車】戦闘メカ相手にパンツァー・フォー! これが「SIMPLEシリーズ」で一番面白い戦車ゲーだ!
第20回目のコラムはコチラ→【THE つり】いまこそシンプルな釣り場に挑む時! 渓流の中で伝説を目撃せよ!
第21回目のコラムはコチラ→【THE 戦車】ある意味伝説!? ボタンを連打し主砲で殴り合う戦車バトル!!

シリーズ初期でその低価格さとシンプルさがウリの『SIMPLE1500シリーズ Vol.26 THE テニス』から始まり、狙い打ちの自由度の高さが爽快な『SIMPLE2000シリーズ Vol.8 THE テニス』。双葉理保もこっそり出演していた『SIMPLE2500シリーズ ポータブル Vol.2 THE テニス』。2800円で5種類のスポーツゲームを収録した豪華ソフトで、そのなかにテニスも含まれている『SIMPLE DSシリーズ Vol.29 THE スポーツ大集合』。後にNintendo Switchにアレンジ移植され、完成度も高い『@SIMPLE DLシリーズ Vol.26 THE テニス』などなど。

定番モノとして、ハードが変わるたびに新たな内容のテニスゲームが登場しているのです。

さて、今回挑戦するのはそのなかでもトップクラスの完成度を誇るこの作品……。
  1
『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.26 ラブ★スマッシュ!5.1 ~テニスロボの反乱~』

これで決まりだ!

2005年にプレイステーション2で発売されたタイトルで、開発は美少女ゲームの老舗・ヒューネックス。ディースリー・パブリッシャーの看板アイドルである双葉理保を筆頭に、美少女キャラたちが大集結! テニスでバトルを繰り広げるセクシー&エキサイティングなテニスゲームになっています。

あ、「5.1」は「ファイブ ポイント ワン」と読むので忘れないように! ここ試験に出ますからね!
  2
『ラブ★スマッシュ』シリーズとしては3作目の作品。あらためて説明すると、まず最初に登場したのは双葉理保が初3Dキャラ化し、「SIMPLE2000シリーズ」から派生した新たなシリーズ第1弾ともなった『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.1 ラブ★スマッシュ! 』です。

美少女キャラをウリにし、必殺ショットに複数のコスチュームもある2000円のテニスゲーム。当時としてはなかなか斬新な企画だと思うのですが、グラフィックがアラけずり過ぎるうえに、ロード時間が1試合に1分近く掛かるという過酷な仕様。あまりにロードが長かったので、公式サイトで自虐されるほど!

続いて、続編として発売されたのが『ラブ★スマッシュ!5 ~テニスロボの反乱~』。こちらは「SIMPLEシリーズ」ではなく、4800円のタイトルとして登場しました。ロード時間も短くなって大幅にパワーアップ……と言いたいところなのですが、操作性が異常にシビアだったりで、こいつはこいつでクセのある内容の仕上がりに。

さらに、その『ラブ★スマッシュ!5 ~テニスロボの反乱~』のシステムを同じヒューネックスが手掛けた『SIMPLE2000シリーズ Vol.8 THE テニス』に近い形で刷新し、グラフィックにも大幅な修正を加え、2000円のゲームとして再出発させたのが本作。そう、『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.26 ラブ★スマッシュ!5.1~テニスロボの反乱~』なのです!

ある意味、集大成的な作りで内容にも納得のおもしろさ。そしてこのタイトルで今回挑むチャレンジはこちら!

「ミッション:最高難易度で双葉理保のエンディングを見ろ!」

本作は隠しキャラを含めた12人が登場するテニスゲームで、専用の会話デモとエンディングがあるストーリーモードが存在します。俺の最推しアイドルである双葉理保とともに、このゲームの魅力を見せつけてやるぜ!
  3
12人の登場キャラはアイドルにお嬢様からドジッ子メイド、忍者に工作員、中華娘とお約束をしっかり押さえた顔触れ。もちろん全員女の子なので、じつに華やかです。

ストーリーモードをクリアするとそのキャラのコスチュームが手に入りますし、キャラモデルを鑑賞できるモードに、対戦モードも搭載。女の子満載のゲームとして、テニスゲームとしてしっかり基本を押さえた構成。
  4
ちなみに初代の『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.1 ラブ★スマッシュ! 』には、『ストII』を書類審査で落とされたような風貌の男キャラも数人いたのですが、『ラブスマッシュ5』で全員いなくなり、その後は一度も再登場していません。「SIMPLEシリーズ」の闇は深い……。
  5
舞台となっているのは裏組織が主催でさまざまな陰謀が渦巻く「闇テニス大会」。ある者は自分の父親の手がかりを求め参加し、ある者は裏組織の調査のために参加し、またある者は暗殺の任務を受けて参加し……と、何気にシリアスな背景のあるキャラが多いのですが、双葉理保は「事務所に招待状が届いちゃったので仕事として参加。半年ぶりのオフが台無しに」という参加理由。悲しい! 大人気アイドルはつらいな!
  6
テニスゲームとしてはオーソドックスなつくりですが、使うボタンが少なく、サーブのタイミングなども優しいのでお手軽に遊べます。ボールを打ち返す際に、「相手コートのどこに打つか」をカーソルを動かして指定出来るシステムが特徴。ラインのギリギリを攻めたり、左右に振って相手を揺さぶったり、非常にやりやすくて爽快です!

高いボールに対するスマッシュや、ネット近くからのボレー、ドロップショットもあるため、落下地点を示すカーソルを見ているだけだと足をすくわれる仕様。ゲージを溜めて放つ必殺ショットもありますが、がんばればなんとか反応して対応出来るので、バランスはまずまずといえますね。本格的でありながら適度にゆるい。総じて、2000円のテニスゲームとして申しぶんない仕上がりになっています。
  7
双葉理保ルートでは会話デモでこづえが登場。この子は免許皆伝まであと一歩なのに、アイドルになりたくて抜け忍となったくノ一キャラ。スーパーアイドルである双葉理保をたたきのめして、自分の名を上げるために試合開始。抜け忍するノリがカジュアル過ぎる! 忍ぶどころかアイドルスターだ!!
  8
やたら忍者への食いつきがよくて、試合で勝ったら忍法を教えてくれと言い出す双葉理保もなかなか……。すいとんの術を希望してるけど、影分身の術とかのほうがよいのでは。
  9
くノ一らしく、弾が分身する必殺ショットも使用してくるこづえ。惑わされずに落下地点をよく見て打ち返せば勝利は目前だ!
  10
そうして数人倒していくと、対戦相手として登場するのがタイトルにもなっているテニスロボ。名前はズバリ「D3-PO2」です! ディースリー・パブリッシャーのゲームに登場するロボットの名前としては、これ以上のものは歴史上存在しないだろうと思わせる圧倒的センスッ!!

青白い肌と赤い瞳のコントラストに、ケーブルむき出しの関節部分など。デザインもなかなかにナイス。対戦相手のデータを分析するところがじつにロボ。忍者に続いてロボが出てきたせいか、双葉理保もノリノリで対応。
  11
ここでD3-PO2に負けると「オマエガ、ヨワスギルンダ……フフフ。」と、高性能な煽り機能を見せつけてきます。さすがだぜD3!
  12
D3-PO2を倒して大会優勝! ……となったところで登場するのが主催者であり、闇組織の幹部であるハイラン。主催者が一番強くてラスボス、とことんお約束を押さえてくるぜ! 陰謀渦巻く裏テニス大会もいよいよクライマックス!!
  13
でも双葉理保は休みが潰されたことに怒っているので、陰謀とか関係なく主催者に直接クレーム! 出たー、双葉理保さんの主催者凸だーー!
  14
怒ったあとに「……まあ、もう優勝しちゃいましたからいいですけど。」とか余裕かますところがおもしろ過ぎる。

このあとに、自分を倒さないと優勝じゃないと言われて再びクレーム! 闇組織の幹部もさすがに気圧されるのが見ドコロ。これがスーパーアイドルの圧……!

ちなみにハイランは必殺ショットの動きがトリッキーなものの、基本をしっかりと守ればそう苦戦する相手ではないはず。
  15
見事勝利してエンディングです! 勝利もつかの間、次の日からも山積みのスペジュールで休みを求める双葉理保の叫びで完! やっぱり、大人気アイドルはたいへんだぜ……。というわけでチャレンジクリア!
  16
  17
双葉理保以外のキャラにもそれぞれ個別の会話デモがありますし、メイドキャラのベッキーなどかわいいキャラもいるので、まだまだ遊べる作りになっています。
  18
双葉理保以外だと、縦ロールと衣装であまりにもわかりやすいお嬢様キャラであるツィツィーリアがお気に入り。君も自分の好みにベストマッチしたキャラで、裏テニス大会を勝ち抜こう!
  19
というわけで『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.26 ラブ★スマッシュ!5.1 ~テニスロボの反乱~』でした!

2000円で遊べるお色気アリのスポーツゲームとしてよく出来ていますし、テニスゲームなのに格闘ゲームあるあるが大量に詰め込まれているのも笑いどころ。変に雰囲気が暗いところや、投げっぱなしのキャラなどが惜しい。

ディースリー・パブリッシャーはNintendo Switchのダウンロード専用ソフトでスポーツゲームをリリースしたりしてますので、ぜひまたこういうゲームが遊びたいですね。

さて、次回はまたガラリと違う「SIMPLEシリーズ」を紹介するのでご期待ください!

テキスト:ラー油(daikai6) 死力を尽くして『SIMPLE』シリーズを応援するブログを運営し実況もするゲームブロガー。『SIMPLE』シリーズだけでなく低価格でイカしたゲーム全般を追跡中。ニンテンドースイッチで『SIMPLE』シリーズが出るのか気になる今日この頃。

ラー油 運営ブログ 『絶対SIMPLE主義』
ツイッターアカウント→ラー油@daikai6
「ALIENWARE ZONE」連載コラム→『ラー油のSteamジャケ買い1本勝負』

第1回目のコラムはコチラ→『SIMPLE1500シリーズ Vol.56 THE スナイパー』
第2回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Vol.110 THE逃亡プリズナー』
第3回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.15 ラブ★ピンポン!』
第4回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Vol.35 THE ヘリコプター』
第5回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Vol.107 THE 炎の格闘番長』
第6回目のコラムはコチラ→『SIMPLE1500シリーズ Vol.77 THE 水泳』
第7回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Vol.64 THE スプラッターアクション』
第8回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.30 降臨!族車ゴッド ~仏恥義理★愛羅武勇~』
第9回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Vol.95 THE ゾンビV.S.救急車』
第10回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Vol.16 THE スナイパー2 ~悪夢の銃弾~』
第11回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Ultimate Vol.6 ラブ★アッパー!』
第12回目のコラムはコチラ→『SIMPLE1500シリーズ Vol.58 THE すもう』
第13回目のコラムはコチラ→『SIMPLE1500シリーズ Vol.92 THE 登山RPG~銀嶺の覇者~』
第14回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Ultimat Vol.7 最強! 白バイキング ~SECURITY POLICE~』
第15回目のコラムはコチラ→『SIMPLE1500シリーズ Vol.52 THE プロレス2』
第16回目のコラムはコチラ→『SIMPLE2000シリーズ Vol.34 THE 恋愛ホラーアドベンチャー~漂流少女~』
第17回目のコラムはコチラ→【THE 逃走ハイウェイ】真実はいつも一つ!名古屋~東京を4時間で走り抜け!
第18回目のコラムはコチラ→【THE 大美人】愛しのアイツは身長48メートル!SIMPLE史上最大のミッションに挑め!
第19回目のコラムはコチラ→【THE カスタム戦車】戦闘メカ相手にパンツァー・フォー! これが「SIMPLEシリーズ」で一番面白い戦車ゲーだ!
第20回目のコラムはコチラ→【THE つり】いまこそシンプルな釣り場に挑む時! 渓流の中で伝説を目撃せよ!
第21回目のコラムはコチラ→【THE 戦車】ある意味伝説!? ボタンを連打し主砲で殴り合う戦車バトル!!